ごあいさつ

ごあいさつ

価値あるセキュリティの創造に挑戦し
“心からの安心できる社会の創造”を通じ、成長発展を目指す。

1980年の創業以来、カルテックは、「価値あるセキュリティの創造」を目指し、施設警備事業、交通誘導警備事業、セキュリティシステム販売業を通して、栃木県内のお客様に「心からの安心」をご提供してまいりました。

さて、2021年に向けた中期経営計画において、私たちは、コア・コンピタンス(中核となる卓越した能力)育成計画を、経営基本戦略に位置付けました。カルテックは同質化する業界から抜け出し、率先して新しい価値の創造にチャレンジして独自化・異質化を果たして、お客様の心からの安心と社会の発展、そして自社の成長発展につなげたいと考えています。

現在、市場の成熟化や少子高齢化など、私たちを取り巻く環境は大変厳しい状況にあります。AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)、仮想通貨の普及など、さまざまな技術革新が進み、また「セキュリティの機械化、自動化」なども進む事が予測されると共に、サイバー攻撃問題など、新たな社会課題が広まりつつあり「新しいセキュリティ」が社会から求められるその一方で、「機械には任せられない、人にしかできないセキュリティ」の価値も高まると予測できます。

いわゆる「警備会社」として成長発展し続けてきた我が社は、業界のもつ固定概念に囚われたまま、同質化した競合他社との価格競争に飲み込まれるのではなく、我が社の中核となる卓越した能力=コア・コンピタンスを育成して競合他社との独自化・異質化を果たしていきます。

そして時代と共に変わりゆく、社会課題や顧客のニーズを柔軟に受け止め、コア・コンピタンス経営により「価値あるセキュリティ」を創造(研究・開発)する事により、顧客のニーズ・ウォンツを満たし、社会課題の解決に繋げていく(心から安心できる社会の創造)事こそが、持続的な成長発展のカギとなると私たちは考えております。

これからも、カルテックは、皆さまの期待に応えるべく、創業以来のDNAである 「心からの安心」 を大切にして、取り組んでまいります。変わらぬご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。

2019年1月1日

代表取締役 八下田 達哉

ページ上部へ戻る