教育制度

人事基本方針

我が社では社員を、社会課題解決に向けた、新しい価値を創造し続けていくための最も重要な財産の一つとして考えています。私たち一人ひとりが謙虚に学び成長し、自らを律せられるようになったとき、我が社は安心して働ける理想の職場となり、働く社員の家庭と人生そしてこの社会に、安心と繁栄をもたらし、経済的価値を向上させていくと考えています。それがため以下の人事方針を掲げます。

①人権尊重 個人の人格と個性を尊重し合える、職場環境づくりを行います。
②人材採用 人材採用規定に基づき、求める職種に適した性格、能力を有する求職者を採用します。
③人財育成 人財育成を「最重要課題」ととらえ、カリキュラムに沿って人財育成に取り組みます。
④評価と処遇 人財育成による成長を促進するため、就業規則に沿って公正な能力評価を行います。
⑤労働安全衛生 業務における安全と衛生の確保を最優先し、安心して働ける職場環境を維持します。
⑥福利厚生 働き甲斐のある職場づくりのために、法定外福利厚生の充実を目指してまいります。

 

我が社が求める社員とは

編集中


編集中

教育カリキュラム

新任教育


まず初めにカルテック社員の一員となるための理念教育から始まります。目的を明確にすることの重要性の理解、カルテックが生まれた経緯、経営理念、経営ビジョンの解説、カルテックの警備員としての心構えなどを約1時間学びます。

次に警備員になるために必要な法定教育を受けます。基本教育15時間以上、業務別教育15時間以上の計30時間以上の研修が必要とされています。カルテックでは基本教育2日間、業務教育2日間を実施しております。

現任教育


 
警備業務に現任されている警備員の法定教育で、年間16時間以上が必要とされています。カルテックでは3カ月ごとに4時間の研修を実施しております。まず初めに私たちは何のために働き、何のために学ぶのか共通の目的を確認するための理念教育から始まります。現任教育では法定項目はもちろんの事、特に警備現場で実際に発生した事例からケーススタディを行い、明日の警備現場に活かせるような教育に注力しております。

資格取得教育


  

警備員の国家資格である警備業務検定の受験を推奨し、資格取得講習を積極的に行っております。有資格者を多数有しており、検定合格率は栃木県内トップクラスの実績があります。

接客接遇教育


  

施設をご利用・訪問される様々なお客様に失礼なく対応し、礼節をわきまえた警備員であるよう、外部講師による接客・接遇マナーの講習を行っております。

管理者教育


隊長・副隊長・責任者など管理者層を対象としたセキュリティマネジメント会議を毎月1回開催。我が社の基本方針である「厳密性と透明性の追求」のもと、分単位で決められたプログラムに沿い時間厳守で会議が進められます。会議の中では弊社代表による管理者教育が行われるほか、経営計画書および各警備現場の警備計画書に沿ってPDCAマネジメントサイクルを運用。発生事案の要因・原因を分析し、最適な改善策を打ち出します。

ページ上部へ戻る